劇団鳴かず飛ばず

九州戯曲賞 最終候補作に劇団鳴かず飛ばず主宰 米田翔太さん作選出。発表は明日7/21夜

投稿日:

昨日、twitterで流れてきたpostを見てびっくり。

九州戯曲賞の最終候補作に我らが劇団鳴かず飛ばず主宰 米田さんの「戦略的未亡人みちるさん」が残っているというではありませんか。九州戯曲賞は平成27年1月から平成29年3月までに九州で活動する劇作家によって書き下ろされた作品を対象に中島かずき、市原佐都子、桑原裕子、松井周、佐藤信といった豪華すぎるメンバーが審査するというものです。

「戦略的未亡人みちるさん」は5月に行われたBAZUFESの中で上演されました。正直「七人の部長」の方を楽しみにしていたのですが、先に見た「戦略的未亡人みちるさん」に心を射抜かれ満足してしまった結果「七人の部長」は見ずじまい。今まで見た米田さんが書いた作品で最も完成度が高いのではないでしょうか。扱っている題材的にも時代を捉えていて大賞取っちゃうんじゃないかとウキウキしてます。明日が楽しみですね!

九州戯曲賞は審査員の講評が公開されるのでそちらを読むのも今から楽しみです。

-劇団鳴かず飛ばず
-

Copyright© 能瀬のポートフォリオ , 2022 AllRights Reserved.