日記・考察

温泉にて…

投稿日:2011年3月25日 更新日:

久々のブログ更新ですが何かあったわけではなく雑記です。
今日はランニングの後、久々に船津温泉に行ってきました。
そこで考えたとりとめのないこと3つ。

(1)露天風呂で4人組の若者が異動か何かの話をしてて「また変わったら一から作り上げた人間関係がゼロになるじゃん」。いやいやいやいや、一から作り上げたんだから、また一からでしょ?っていうのは単なる揚げ足取りですが。
そもそも、人間関係って一から(もしくはゼロから)なんですかね?その人との(主体的な)出会い方で5から始まることもあるだろうし、マイナスから始まるかもしれないですよね。あと、異動したら今までいたところでの人間関係はなくなるのか?非常に寂しいなそれは

(2)5km走った後のサウナは汗が出る出る。そして、その後入る水風呂が最高に気持ちいい。サウナでもう無理ってなった後で水風呂に浸かると脳に冷たい血が巡ってくる。最初は頭が冴えてくるんだけどその内ぼーっとしてきて真っ白になる。その真っ白が気持ちいい。

(3)入浴後ウルオスを身体に塗りながらくせぇなぁと「良薬は鼻に臭し」だなとか思ってたんだけど、よく考えたら「良薬は口に苦し」っておかしくない?口に苦しって、苦いの口以外に感じれないじゃない。他に苦いを感じれるところあるのか?

以上、どうでもいい話でした。

-日記・考察

Copyright© 能瀬のポートフォリオ , 2019 AllRights Reserved.