08子どもの食と栄養 保育士 平成26年保育士試験

子どもの食と栄養 問17~18 平成26年保育士試験(再試験)

投稿日:2015年6月17日 更新日:

 

※注 解説は私が個人的に書いているだけですので悪しからず。おかしなところがあればご指摘いただけると嬉しいです。

 

一般社団法人全国保育士養成協議会
http://www.hoyokyo.or.jp/exam/pasttest/index.html

 

問17 次の文は、栄養摂取不足が原因の疾病に関する記述である。( A )~( D )にあてはまる語句を【語群】から選択した場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

( A )は、子どもの骨の形成異常(骨格異常)を主とする疾患であり、原因のひとつとして、( B )ビタミンである( C )の不足があげられる。( C )は、皮膚で前駆体から紫外線により生成されるため、( A )は適度な日照を受ける機会が少ないと発症する可能性が高くなる。( D )は、( C )を豊富に含んでおり、補給源として優れている。

【語群】
ア 夜盲症    イ くる病    ウ ダウン症   エ 水溶性    オ 脂溶性
カ ビタミンA  キ ビタミンC  ク ビタミンD  ケ ビタミンE  コ 果物類
サ 魚介類

(組み合わせ)
A B C D
1 ア エ カ サ
2 イ エ キ コ
3 イ オ ク サ
4 イ オ ケ コ
5 ウ オ ケ コ

【私の解答】3

【正解】3

【解説】
・夜盲症はビタミンAの欠乏症
・脂溶性ビタミン A、D、E、K

問18 次の文は、子どもの下痢の際の食事に関する記述である。適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

A 水分が失われるので、嘔吐や吐き気がなければ、湯冷ましなどを少量与えて様子をみて、下痢が悪化しなければ、水分を少量ずつ頻回に与える。
B 食事の量を控えめにする。
C 下痢が激しいときには、牛乳や乳製品を与えるようにする。
D 脂肪の多い食事は控える。
E おかゆ、煮込みうどんなど、消化のよい食事を主とする。

(組み合わせ)
A B C D E
1 ○ ○ ○ ○ ○
2 ○ ○ × ○ ○
3 ○ ○ × × ○
4 ○ × ○ × ×
5 × × ○ ○ ×

【私の解答】2

【正解】2

【解説】
C 牛乳や乳製品は腸管を刺激し、下痢を悪化する恐れがあるので下痢の時は控える。

 

おすすめ参考書

このテキストのおかげで苦手どころか受かる気がしなかった子どもの食と栄養を合格することができました。

 

 

-08子どもの食と栄養, 保育士, 平成26年保育士試験
-, , , , , ,

Copyright© 能瀬のポートフォリオ , 2021 AllRights Reserved.