育メン日記(妊夫日記)

保育園での朝のひととき

投稿日:

息子を保育園に送るのはほとんど私の役目です。よく「離れるとき辛いでしょ」とか聞かれますが私が送る日はほとんど泣くこともないですし全く辛くありません。むしろ「いってらっしゃい」も言ってもらえないくらいあっさりとしたもので逆に寂しいくらいです(保育士さんに「いってらっしゃい」言ってもらえるのでいいんです)。保育園ではやらなきゃいけないことがいくつかあります。

しなきゃいけないこと(順不同)

2013-03-26 22.39.28

【玄関で】

  • 玄関の帳簿に朝送った時間と続柄を書く(ex.名前の横に「7:25 父」)

【クラスの前で】

  • タオルを掛ける
  • シール帳にシールを貼る(息子が)
  • おしぼりをかごに入れる
  • 帳簿に体調・排便・お迎えの時間・お迎えに来る人を書く

【クラスの中で】

  • ロッカーの中に着替え・おむつ5枚・おむつ用のビニール袋をセットする
  • カバンを棚に入れる

【年長さんのクラスで】

  • 先生に引き渡して様子を伝える

 

といった感じ。忙しい時間に結構大変です。特に息子のクラスは2階にあるので上リ下りしなきゃいけないのでめんどうくさい。保護者の中には先に子どもを引き渡して、その後2階に上がって作業をする方もたくさんいらっしゃいます。でも、私は朝のこの時間が好きです。仕事から帰るのが遅いため、いや普通に比べたら早いとは思うのですが、うちの子の寝るのが早いこともあり夜は帰ると寝ていることが多いため、短い時間ですが朝のこの時間が息子との息子とのスキンシップの時間になっています。

 

我が家のルーチン

  1. 家から保育園までの間、みぃつけたのCDを聞きながら行きます。息子はなぜかだいたい無言です。
  2. 到着するとフレデリックのぬいぐるみに息子が「ばいば~い」とタッチした後、それを強めに息子の口に押し付けて「ちゅ~!!」とやります。
  3. 車から玄関までは歩いてましたが、最近は抱っこを要求してくるので応じています。
  4. 玄関で靴を脱がせて靴箱に入れます。
  5. 階段を歩いて上がります。抱っこを要求されますが、ここでは手をつないで上ったり、抱っこしたり、私が先に上って後を追っかけてきたり様々です。
  6. 階段を上りきるとそこからクラスまで「よ~いどん!」で競争です。無論、廊下は走ってはいけません。
  7. クラスに着くと息子はシールを貼ります。「今日は"にじゅうご"」と言いながら貼る箇所を指さすと「にじゅうご」と言いながらちゃんと貼ります。
  8. その間にタオルを掛け、おしぼりをカゴに入れ、帳簿に必要事項を記入します。
  9. クラスの中に移動して、ロッカーに必要物品を入れます。最近ではこの間に息子は上着を脱いでカバンに入れます。
  10. 一番奥にある棚にカバンを持っていきます。ちょっと前までは「よ~いどん!」でしたが、つい先日から息子が自分でカバンを運んでくれるようになりました。
  11. カバンを棚に入れると息子がニヤニヤします。私が思い切りグワーンと持ち上げたりコチョコチョしたりするのを期待してるからです。そうすると大笑いします。悲鳴のようにキャーキャー言います。1階まで聞こえているようで「さっき泣いてませんでした?大丈夫ですか」とか言われます。騒いですみません。
  12. その後は私の方にぴたんと顔をうずめて1階に下ります。
  13. 下りたら息子を床に下ろして背中をぽんっと押します。息子は何も言わず部屋の中に小走りで入っていきます。先生に様子を伝え「いってきまーす」と言いますが、息子は素知らぬ顔で遊んでます。
  14. 玄関の帳簿に時間を書いて保育園を後にします。

こんな感じ。毎日「もうこんな時間やん」とか言いながらこんなことしてます。

 

 

満たされてるお陰と勝手に解釈

離れるときに泣いてた時期もありましたが、思い出せないくらい前のことです。きっと離れる前にスキンシップして満たされてるのと保育園が好きなんだろうと勝手に解釈してます。でも、妻の時は離れるの嫌がるらしいので私への愛情が少ないのかも。あばばばば。迎えに行って毎回息子の嬉しそうな顔が見られる妻を羨ましく思います。

-育メン日記(妊夫日記)
-,

Copyright© 能瀬のポートフォリオ , 2019 AllRights Reserved.