能瀬と読書 能瀬の読んだ本

2014_001 楽園計画編『図書館が街を創る。 「武雄市図書館」という挑戦 』

投稿日:2014年1月1日 更新日:

by カエレバ

 

話題の武雄市図書館の本である。武雄市図書館を訪れた際にエントランスすぐの平台に購入用として陳列されてていたのを、自動検索機で探して借りてきた。批判も多い本図書館が、どのような経緯でカルチュア・コンビニエンス・クラブによって運営されることとなったのか、またそれはどのような理念に基づくものなのか。初めに巻頭の樋渡啓祐武雄市長とコミュニケーションデザイナーの山崎亮氏の対談で明らかにされている。

そして当図書館が"市民価値"を高めるための8つのポイントの紹介、図書館長や建築家、コンシェルジュスタッフ、ボランティア団体や利用する高校生といった関係者の声と続く。図書館の紹介だけでなく、武雄市という街がどのような場所なのかという解説もある。

本による町興しを目指す事例として長野県伊那市高遠町や福島県南会津郡只見町の取り組み、更にはそれらに先駆けて書物による町興しを成し遂げたウェールズのヘイ・オン・ワイの紹介もある。最後はカルチュア・コンビニエンス・クラブのCEO増田宗昭氏の企画会社の視点でのインタビューで締めくくられている。

武雄図書館・カルチュア・コンビニエンス・クラブ側の視点で書かれたものなので、総じてポジティブな内容で批判されている点は明らかにはならない。ただ、前述のとおりどのような思いでカルチュア・コンビニエンス・クラブに運営が託され、当図書館の魅力を知るのには良い本である。悪いところばかり目に付いている方は是非本書を読んで武雄市図書館を訪れてみてほしい。逆に私はポジティブな側面にしか触れていないので、今度は批判記事をたくさん読んでみようと思う。

いったん武雄市図書館の話はおいておいて、本書を読んで行きたい場所が増えた。代官山蔦屋書店にたもかく本の店、遅筆堂文庫、スローライフ文庫、ヘイ・オン・ワイ、そして武蔵野美術大学図書館。今回もそうだったのだけれども、旅のコースに毎回図書館を組み込むのもおもしろい。御朱印のために神社にも行かなきゃなので忙しい旅になってしまうけれども。

 

2013年4月1日 第1刷発行
出版社:ネコ・パブリッシング
127ページ
ISBN-10:4777053407
ISBN-13:978-4777053407
ブックデザイン:新井勝也(VATEAU)、長勢慧(VATEAU)

-能瀬と読書, 能瀬の読んだ本
-, , , , ,

Copyright© 能瀬のポートフォリオ , 2019 AllRights Reserved.