01保育原理 保育士 平成30年保育士試験(後期・地域限定)

保育原理 問11 平成30年保育士試験(後期・地域限定)

投稿日:

\\一言コメントしてくださると解説のモチベーションが上がります//

※注 解説は私が個人的に書いているだけですので悪しからず。おかしなところがあればご指摘いただけると嬉しいです。

一般社団法人全国保育士養成協議会
http://www.hoyokyo.or.jp/exam/pasttest/index.html

問11 次の文は、保育所に勤める保育士のWさんが、養護と教育の一体的な保育を心がけて行っていることである。「保育所保育指針」(厚生労働省告示第117 号平成29 年3月31 日)に照らし、不適切な記述を一つ選びなさい。

1 Wさんは、子どもを一人の人間として尊重し、その生命を守り、情緒の安定を図りつつ、乳幼児
期にふさわしい経験が積み重ねられていくよう丁寧に援助している。

2 Wさんは、子どもへの細やかで応答的な関わりのもと、子どもが安心感や信頼感の得られる生活
の中で、身近な環境への興味や関心を高め、活動を広げていくように心がけている。

3 Wさんは、子どもが安心して自分の思いや力を発揮できる環境を心がけ、子どもが遊びなど自発
的な活動を通して、体験的に様々な学びを積み重ねていけるようにしている。

4 Wさんは、保育所の生活の中では、子どもの年齢に応じて養護の時間と子どもの教育の時間をバ
ランスよく配置し、子どもの一日の生活の中でそれぞれの内容が統合されるよう配慮している。

5 Wさんは、子どもが自分との信頼関係を拠りどころとしながら、日々の生活の中で主体性や生き
ることへの意欲を育んでいることを自ら常に心に留めて子どもと関わっている。

【私の解答】4 ◯正解

思考過程:この書き方だと養護と教育は別ものと読める。保育の中で一体として行うものでは?

【正解】4

【解説】

第1章 総則 1 保育所保育に関する基本原則 (1) 保育所の役割 ※一部

イ 保育所は、その目的を達成するために、保育に関する専門性を有する職員が、家庭との緊密な連携の下に、子どもの状況や発達過程を踏まえ、保育所における環境を通して、養護及び教育を一体的に行うことを特性としている。

第1章 総則 2 養護に関する基本的事項 (1) 養護の理念

保育における養護とは、子どもの生命の保持及び情緒の安定を図るために保育士等が行う援助や関わりであり、保育所における保育は、養護及び教育を一体的に行うことをその特性とするものである。保育所における保育全体を通じて、養護に関するねらい及び内容を踏まえた保育が展開されなければならない。

第2章 保育の内容 ※一部

保育における「養護」とは、子どもの生命の保持及び情緒の安定を図るために保育士等が行う援助や関わりであり、「教育」とは、子どもが健やかに成長し、その活動がより豊かに展開されるための発達の援助である。本章では、保育士等が、「ねらい」及び「内容」を具体的に把握するため、主に教育に関わる側面からの視点を示しているが、実際の保育においては、養護と教育が一体となって展開されることに留意する必要がある

おすすめ参考書

このテキストのおかげで苦手どころか受かる気がしなかった子どもの食と栄養を合格することができました。

 

-01保育原理, 保育士, 平成30年保育士試験(後期・地域限定)
-, , , , , , , ,

Copyright© 能瀬のポートフォリオ , 2019 AllRights Reserved.