01保育原理 保育士 平成30年保育士試験(後期・地域限定)

保育原理 問12 平成30年保育士試験(後期・地域限定)

投稿日:2019年3月3日 更新日:

\\一言コメントしてくださると解説のモチベーションが上がります//

※注 解説は私が個人的に書いているだけですので悪しからず。おかしなところがあればご指摘いただけると嬉しいです。

一般社団法人全国保育士養成協議会
http://www.hoyokyo.or.jp/exam/pasttest/index.html

問12 次の文は、「保育所保育指針」(厚生労働省告示第117 号平成29 年3月31 日)第2章「保育の内容」の2「1歳以上3歳未満児の保育に関わるねらい及び内容」(1)「基本的事項」の一部である。この時期においては、歩き始めから、歩く、走る、跳ぶなどへと、基本的な運動機能が次第に発達し、排泄の自立のための身体的機能も整うようになる。つまむ、めくるなどの指先の機能も発達し、食事、衣類の着脱なども、保育士等の援助の下で自分で行うようになる。発声も明瞭になり、語彙も増加し、自分の意思や欲求を言葉で表出できるようになる。

【設問】
「基本的事項」に照らし、この時期の保育のねらいとして適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。
A 健康、安全な生活に必要な習慣に気付き、自分でしてみようとする気持ちが育つ。
B 言葉遊びや言葉で表現する楽しさを感じる。
C 自分の体を十分に動かし、様々な動きをしようとする。
D 見る、聞く、触るなどの経験を通して、感覚の動きを豊かにする。
E 保育所の生活を楽しみ、自分の力で行動することの充実感を味わう。

(組み合わせ)
A B C D E
1 ○ ○ ○ ○ ○
2 ○ ○ ○ ○ ×
3 × ○ × × ○
4 × × ○ × ○
5 × × × ○ ×

【私の解答】2 ◯正解

思考過程:全然分からんけど、5は3歳以上じゃないか?

【正解】2

【参考】第2章「保育の内容 2「1歳以上3歳未満児の保育に関わるねらい及び内容」 (2) ねらい及び内容

ア 健康

(ア) ねらい
① 明るく伸び伸びと生活し、自分から体を動かすことを楽しむ。
自分の体を十分に動かし、様々な動きをしようとする。
健康、安全な生活に必要な習慣に気付き、自分でしてみようとする気持ちが育つ。

イ 人間関係

(ア) ねらい
① 保育所での生活を楽しみ、身近な人と関わる心地よさを感じる。
② 周囲の子ども等への興味や関心が高まり、関わりをもとうとする。
③ 保育所の生活の仕方に慣れ、きまりの大切さに気付く。

ウ 環境

(ア) ねらい
① 身近な環境に親しみ、触れ合う中で、様々なものに興味や関心をもつ。
② 様々なものに関わる中で、発見を楽しんだり、考えたりしようとする。
見る、聞く、触るなどの経験を通して、感覚の働きを豊かにする。

エ 言葉

(ア) ねらい
言葉遊びや言葉で表現する楽しさを感じる。
② 人の言葉や話などを聞き、自分でも思ったことを伝えようとする。
③ 絵本や物語等に親しむとともに、言葉のやり取りを通じて身近な人と気持ちを通わせる。

オ 表現

(ア) ねらい
① 身体の諸感覚の経験を豊かにし、様々な感覚を味わう。
② 感じたことや考えたことなどを自分なりに表現しようとする。
③ 生活や遊びの様々な体験を通して、イメージや感性が豊かになる。

 

おすすめ参考書

このテキストのおかげで苦手どころか受かる気がしなかった子どもの食と栄養を合格することができました。

 

-01保育原理, 保育士, 平成30年保育士試験(後期・地域限定)
-, , , , , , , ,

Copyright© 能瀬のポートフォリオ , 2019 AllRights Reserved.