06保育の心理学 保育士 平成29年保育士試験

保育の心理学 問1~5 平成29年保育士試験(前期)

投稿日:2017年7月4日 更新日:

保育士試験の時期になるとアクセスが増えるこのサイト。見てくださっている方々の為にも保育士試験の解説を再開しようと思い立った。アクセス解析を見ると「保育の心理学(旧発達心理学)」を見てくださっている方が一番多いのでまずは「保育の心理学」から再開していこうと思う。

と、過去記事一覧を見て泣きそうになった。去年も同じことやろうとして「下書き」のままになっている記事がある。

きっと難しくてあきらめたんだろう(;´Д`)

とりあえずやってみる。科目のリクエストあったら遠慮なくお申し付けください。コメントの全くないブログなので泣いて喜びます。

※注 解説は私が個人的に書いているだけですので悪しからず。おかしなところがあればご指摘いただけると嬉しいです。

 

一般社団法人全国保育士養成協議会
http://www.hoyokyo.or.jp/exam/pasttest/index.html

 

問1 次の文は、「保育所保育指針」第2章「子どもの発達」の一部である。( A )~( D )にあてはまる語句の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

特に大切なのは、人との関わりであり、愛情豊かで思慮深い大人による( A )などを通して、大人と子どもの相互の関わりが十分に行われることが重要である。この関係を起点として、次第に他の子どもとの間でも相互に働きかけ、関わりを深め、人への信頼感と( B )を形成していくのである。
これらのことを踏まえ、保育士等は、次に示す子どもの発達の特性や( C )を理解し、発達及び生活の( D )に配慮して保育しなければならない。(後略)

【語群】

ア 教育的働きかけ  イ 保護や世話  ウ 自己の主体性  エ 発達段階
オ 自己への信頼感  カ 発達過程   キ 一貫性     ク 連続性

 

(組み合わせ)
A B C D
1 ア ウ エ ク
2 ア オ エ キ
3 ア オ カ ク
4 イ ウ カ キ
5 イ ウ カ ク

【私の解答】5 ○正解

思考過程:Aは「教育的」に違和感あり。よってイ。Aがイなのは4と5で自動的にBウ、Cカ。この2つもおかしくはない。残るDだが、発達や生活に一貫性を求める必要はないのでク。

【正解】5

【参考】

第2章 子どもの発達

子どもは、様々な環境との相互作用により発達していく。すなわち、子どもの発達は、子どもがそれまでの体験を基にして、環境に働きかけ、環境との相互作用を通して、豊かな心情、意欲及び態度を身に付け、新たな能力を獲得していく過程である。特に大切なのは、人との関わりであり、愛情豊かで思慮深い大人による保護や世話などを通して、大人と子どもの相互の関わりが十分に行われることが重要である。この関係を起点として、次第に他の子どもとの間でも相互に働きかけ、関わりを深め、人への信頼感と自己の主体性を形成していくのである。

これらのことを踏まえ、保育士等は、次に示す子どもの発達の特性や発達過程を理解し、発達及び生活の連続性に配慮して保育しなければならない。その際、保育士等は、子どもと生活や遊びを共にする中で、一人一人の子どもの心身の状態を把握しながら、その発達の援助を行うことが必要である。

平成20年版 保育所保育指針(厚生労働省告示第 141 号) 第2章(抜粋)

 

問2 次の記述によって説明される用語として最も適切なものを一つ選びなさい。

出生から死に至る過程において、人が一定の段階をたどり、次世代に生命を受け継いでいくことを意味する。

1 ライフレビュー
2 ライフサイクル
3 発達課題
4 ライフコース
5 発達過程

【私の解答】2 ○正解

思考過程:「過程」、「受け継いでいく」という単語から「サイクル」を想起。

【正解】2

【解説】
1.「ライフ」の「レビュー」だから人生の振り返り?
2.cycleには「自転車」という意味のほか、「循環」「ひと回り」という意味もある。
3.発達の段階で課題となるもの。エリクソンの発達課題は試験に頻出。
4.1人の人が人生でたどる過程。道筋。
5.発達の過程。

消去法でも2しかないですね。

 

問3 次の記述に該当する人物として正しいものを一つ選びなさい。

・人間の発達では、初めに社会的関係があり、それが内面化すると考えた。
・他者とのコミュニケーションに用いる言葉を外言とした。
・子どもの独語は、自分の思考のための言葉になる移行過程であると捉えた。

1 ワロン(Wallon, H.)
2 ボウルビィ(Bowlby, J.)
3 ガードナー(Gardner, H.)
4 ロスバート(Rothbart, M.K.)
5 ヴィゴツキー(Vygotsky, L.S.)

【私の解答】5 ○正解

思考過程:「外言」というキーワードで即決。

【正解】5

【解説】
1.フランスの心理学者。「子どもの権利とは、子どもが子どもであることの権利である」
2.イギリス。愛着。アタッチメント。
3.多重知能理論
4.存じ上げません。聞いたこともありません。すみません。

 

問4 次の文は、仲間同士の関わりについての記述である。( A )~( C )にあてはまる用語を【語群】から選択した場合の最も適切な組み合わせを一つ選びなさい。

友だちと一緒に遊ぶようになると、子どもは、自分のやりたいことと相手がやりたいことがぶつかり合い、いざこざやトラブルを経験するようになる。子どもは他者との関係のなかで、自分の欲求をぶつけ、実現しようとする( A )と、欲求を我慢しようとする( B )の両方を求められる。友だちとの関係を築くためには、この両者のバランスを調整する( C )が必要になる。

【語群】
ア 攻撃性     イ 自己主張  ウ 自己抑制  エ 抑圧
オ 欲求不満耐性  カ 自己制御

(組み合わせ)
A B C
1 ア ウ オ
2 ア エ オ
3 イ ウ オ
4 イ ウ カ
5 イ エ カ

【私の解答】4 ○正解

思考過程:Aは自己主張でしょ。Bは自己制御、、、がないからCが自己制御か。であればBはウの自己抑制かエの抑圧で抑圧しているわけではないからウの自己抑制。よって4

【正解】4

【解説】
確実ではないけど、「攻撃性」とか「欲求不満耐性」とかいう選択肢は解答にならない気がしますね。アとオを消せば4か5の2つに絞り込めます。抑圧の意味はこちらを参考に(ウィキペディアに飛びます)。

 

問5 次の文は、乳児の身体・運動の発達に関する記述である。適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

A 乳児の運動機能の発達は、頭部から足部へ、身体の中心部から末梢へ、粗大運動から微細運動へという方向性と順序がある。
B 一般的に、平均体重は2,900 ~ 3,000g 前後、平均身長は49cm前後で生まれるが、生後1年で体重は約3倍、身長は約1.5倍になる。
C 生後8 か月頃になると、物と物を打ち合わせる、物を容器に入れる、小さい積木を高く積みあげることができるようになる。
D 手に触れたものを握ろうとする把握反射が新生児にみられ、生後3か月になると指さしが出現する。

(組み合わせ)
A B C D
1 ○ ○ ○ ×
2 ○ ○ × ×
3 ○ × ○ ×
4 × ○ ○ ○
5 × × × ○

【私の解答】4 ×不正解

思考過程:Aは「頭部から足部へ」が気になる。Bはあってる。C、D分からんけど何となくあってる気がする。4かなぁ

【正解】2

【解説】
C 記述は9ヶ月~12ヶ月の発達過程
D 指差しは、1歳3ヶ月~6ヶ月の発達段階。かなり後なんですね。

【参考】
東京都教育委員会 0歳児から2歳児の発達過程:http://www.kyoiku.metro.tokyo.jp/buka/shidou/shuugaku6/15_2-2-sankou.pdf

 

5問中4問。今回はいける👍

 

おすすめ参考書

このテキストのおかげで苦手どころか受かる気がしなかった子どもの食と栄養を合格することができました。

 

-06保育の心理学, 保育士, 平成29年保育士試験
-, , , , , ,

Copyright© 能瀬のポートフォリオ , 2021 AllRights Reserved.