外国人採用

在留資格関係申請の手数料納付書の氏名について

新たな外国人スタッフの在留許可が下りたということで、朝イチで入管へ。

申請等取次者として受け取りに行く関係で、手数料納付書に本人の署名が必要だったら嫌だなと思い、昨日の段階で出入国在留管理庁のウェブサイトで書式を確認したところ、納付者氏名のところが「署名」ではなく「記名」になっていたので、受け取り時に書けばいいなと安心して行きました。

窓口にて私が当該スタッフの名前を書き提出したところ、「こちら本人が署名されたものがありませんか?」と言われたので「あれ?やっぱり署名がいるんですか?記名となっていたので大丈夫だと思ったんですが」と答えたところ、確認の上、「大丈夫でした」とのことでほっと一安心。

調べてみるとJITCOのホームページにしっかり

変更後の様式では、納付者氏名の記名のみで手続きを行うことができます(署名不要)

手数料納付書の様式の変更について | ニュース・お知らせ | JITCO - 公益財団法人 国際人材協力機構
https://www.jitco.or.jp/ja/news/article/17965/

と書かれていました。

しかし、これ出入国在留管理庁の更新情報には書かれていないんですよね。

こういうのどうやって見つけるのかしら。こうやって、お知らせしてくださるのとても助かりますね。

 


2023.09.06 追記

【在留申請オンラインシステム】を利用して申請していた在留期間更新許可申請について、メールで「審査完了に関するお知らせ」が届きました。

その中に

という記載が(蛍光ペンはこちらが引いてます)。

念のため今回は本人に署名をもらい、在留カードを受け取りに行った際に入管で確認してみると、しばらく確認していただいた後「署名でなく記名に変更になっていますが、署名のほうが望ましいくらいに捉えていただければ」とのことでした。

後々のめんどくささを考えると、本人の署名をもらっていったほうがいいかもしれませんね。

 

-外国人採用
-,