ベトナム語

奇跡が起きた(実際は奇跡でもなんでもない)

投稿日:

最近、私が新型コロナネタ(もしくはベトナム語ネタ)の話にあった時に、頻繁にしていた話がある。

今年はベトナム語検定を受験するという目標を早い段階から掲げ、過去問の問題集を買ったりしてだいぶその気になっていた。

しかし、新型コロナの影響で6月21日に実施予定だった検定は10月18日に延期になった。

 

延期の連絡が来た時点で、6月には「ひょっとしたら10月にはもう収まっているかも」と淡い期待を込めてピーチ航空の鹿児島-成田便を予約していた。

キャンセル不可だが往復で14,740円なので、万が一状況が変わらず行けなかったとしてもしょうがないだろうと思っていたところ、その2週間後にはピーチ航空から片道2,000円だか3,000円だかのバーゲンセールの案内が。そして8月にはベトナム語検定の中止の案内が。

早々と14,740円をドブに捨てる決定がくだってしまった。せめてバーゲンセールの金額を見なければ諦めがついたのだが。

本来なら今週末には成田に飛び、ベトナム語検定を受験しているはずだったのに。。。

 

 

 

と思っていたら、お昼に携帯を見ると見慣れぬ電話番号から着信が。留守電を聞いてみるとピーチ航空からで「ホームページからご予約便の運行状況をご確認ください」というではありませんか。

早速、マイページを見るも特に何も書いておらず。「ちっ、ぬか喜びか」と思いつつも、念の為かかってきた番号に電話してみる。

 

ひと通り、本人確認をされた後、「ご予約いただいておりました便の運休が決定しておりまして、便の振り替えか払い戻しを選択いただけますが、いかがいたしましょう?」とおっしゃるではありませんか!!!

食い気味に「払い戻しで!!!」って言っちゃったよね。

臨時収入14,740円。ありがたやありがたや。

 

あれ?これ、実際にベトナム語検定開催されてたら俺どうやって行けば良かったんだろ。

 

今回の教訓。「ピーチはバーゲンを待て」

-ベトナム語
-

Copyright© 能瀬のポートフォリオ , 2020 AllRights Reserved.