ダダすべる話

前歯折れた.前歯折れた...その後..その後。 まじゴッドハンド!!!

投稿日:

インフルエンザになって前歯が折れた話

先日書いた通り、インフルエンザになって前歯がポッキリ折れた(経緯をご存じない方はまず↑をお読みください)。

正しくいえば失神して前向きに卒倒したのに前歯だけが折れた。

前歯以外どこも傷ついてなければ痛くもなかった。

不思議な話である。

ちなみにこんなである。

かわいそうとしか言いようがない。

インフルエンザの療養期間が明けて職場の歯医者に治療をしてもらいにいった。

この記事に書いてあること

1回目の治療

事前に下から撮った神経の出ている写真を送っていたこともあり、みんな「痛かったでしょ」というかわいそうな顔で迎えてくれた(実際にはあまり痛くはない)。

まずはレントゲンを撮り、見た目以上に割れていないかを確認。

見た感じ他に割れ目はないのだけれど、もし割れ目があれば差し歯はできないらしい。

レントゲンで見ても横向きの割れ目はないものの、ひょっとしたら目に見えない縦の亀裂があるかもしれないということで、この日は抜髄だけしてしばらく様子をみるとのこと。

抜髄とは何かって?

ばつずい、それは神経を抜くこと。

差し歯は神経部分に歯を刺すため神経を抜かなくてはいけないとのこと。神経を削り取るのでめっちゃ痛いらしい。

「麻酔打つための麻酔打ちますか?」

何それ?そんなに麻酔注射痛いの?やばくね?と思いながらも麻酔のための麻酔は拒否。

その結果、先生が「それじゃ注射入りますね~」言うてだったんだけど、

「1ミリも痛くない!っていうか針が刺さったのも分からない!」

ってくらい先生ゴッドハンド。

麻酔が効いてきて、鼻から上顎にかけて全麻痺。

そこから神経を削られます。

麻酔効いてるので全く痛くない。

この抜髄がとても難しいらしく、少しでも神経が残るとめっちゃ痛いらしい。

無事、抜髄終わりその日はランチミーティング。

私、進行なのに鼻から上顎にかけて麻痺してるもんだから、某お笑い芸人みたいな喋り方に。

会議の冒頭、喋り方に爆笑され、なぜこんな喋り方なのか、そもそもなぜ前歯が折れたのかを皆に説明して引かれる。

会議の途中突然麻酔が切れ普通に話せるようになったのだけれども、、、全然痛くない!

まじゴッドハンド!!!

ちなみにその日はそのまま様子見だったので、見た目の保護のために簡易的に処置をしてくださいました。

2回目の治療

8日後、2回目の治療へ。

見た感じ、縦の亀裂もなく状態がいいとのことで神経を抜いた部分に薬剤を入れるとのこと。

こちらもまた痛い治療とのこと。先生が結構な圧で薬剤を押し込んでいく。普通はここで痛がるため、躊躇しちゃうらしいのだけれど、私が全く痛がらないので思い切りいけたらしい(後で私がいないところで「あいつはおかしい」という話になっていたらしい。

結果、ご覧の通りきれいに薬剤が入りました(白い部分が固まった薬剤)。

まじゴッドハンド!!!

その後、歯科衛生士さんが結構長い時間処置をしてくれまして(何されてるのか全く分からなかった結果、途中でいびきかいた)その結果。

すごくね??

どっちが折れた歯か分からなくね?

若干向かって左の歯に横線入っているように見えるじゃない?

実際に折れたの右だからね!

1回目外れちゃうと後が付きにくくなるから気をつけてと言われたんだけど、何も気にせず普通に生活しております。

そして、結局治療開始からこれまで1回も痛くない。

まじゴッドハンド!!!

 

-ダダすべる話
-, ,

Copyright© 能瀬のポートフォリオ , 2020 AllRights Reserved.